浄水器のタイプによる価格の違い

浄水器のタイプによる価格の違い

subpage1

浄水器は水を綺麗にする効果があるため、水道水をおいしく飲むことができるようになります。
便利なもののため、浄水器の導入を考えている人は多いと思いますが、そのとき気になるのが本体の価格やそれを維持するための価格だと思います。


浄水器を導入するには、本体の価格だけではなく継続的に発生するコストのことも考えて取り入れることが大切です。

しっかりとした浄水器の価格についてお答えします。

まず浄水器本体の価格としては、蛇口直結タイプは2000〜5000円、据え置きタイプなら20000〜80000円、ポットタイプなら2000〜6000円、アンダーシンクタイプは20000〜100000円とタイプによって幅が広いのが特徴です。


持ち歩きたいからポットタイプ、見えるところには起きたくないからアンダーシンクタイプと自分の求める機能やデザインを選ぶことがポイントとなります。

また、ランニングコストとなるのが水を綺麗にするフィルターの交換です。

決められた期間ごとにフィルターを交換しなければ浄水器のは低下してしまい、逆に不清潔になってしまいます。



タイプによってフィルターの価格と寿命は異なります。

蛇口直結タイプは2〜5ヶ月ごとの交換で2000〜6000円、据え置きタイプは1年程度で5000〜20000円、ポット型は2〜5ヶ月で2000〜5000円、アンダーシンクタイプは1年程度で10000〜20000円が一般的です。

初期費用とランニングコストがかかりますが、定期的にペットボトルの水を購入するよりも非常に経済的だとされています。



浄水器について情報

subpage2

浄水器は様々な物が発売されており、機種によって価格が異なります。安価なものであれば、蛇口に取り付けるだけの簡易タイプの浄水器がお薦めです。...

next

浄水器の実態

subpage3

家庭に合った家庭用浄水器はランキングで比較をして見つけていきましょう。おいしい水を飲める器具といえばウォーターサーバーが有名ですが、価格が高いという欠点があります。...

next

浄水器のおすすめ情報

subpage4

家族には栄養のある食べ物を食べさせ、いつまでも健康でいてほしいと願う人は少なくないものです。しかしながらそうした健康にこだわりたいのであれば、食べ物だけでなく水にもこだわることが必要です。...

next

浄水器の意外な真実

subpage5

家庭用浄水器には蛇口に付ける簡易的なものからシンク下に取り付けるタイプ、シンクの横に取り付けるタイプなど、水道の蛇口から流れる水にはおいしさを与えてくれる効果を期待する事が出来ます。家庭用浄水器を選ぶ時にはネットの中にあるランキングサイトを利用するのがお勧めです。...

next