抗がん剤投与時の医療かつらの必要性

日頃の生活ではお世話になることが少ないかつらですが、ガンなどの病気により必要となることがあります。ガン自体で脱毛が起こることはまれですが、ガンを抑えるために適用される抗がん剤の種類により副作用として脱毛することがあります。よく男性の加齢による脱毛とは違い、毛根の細さや血行不良などとは関係なく、毛穴が拡張され保持力がなくなるようなどうしようもできない原因での脱毛となります。そんな時は医療かつらを利用して少しでも精神的な苦痛を和らげることができます。

普通かつらは薄くなりはじめたもしくは部分的に毛がない状態でつけられると思いますが、医療かつらは全体の10%程度まばらに残っている状態で着用することになります。また、全毛から脱毛までの時間が著しく短いため、全毛の状態でつけてなじませておく必要があります。人によっては頭皮に突っ張るような痛みを感じることがあるため、装着は優しい肌触りのガーゼ帽を被ってからになります。医療かつらには既製品とセミオーダー、オーダーメードがあります。

オーダーができるタイプは多少高価ではありますが、全毛から脱毛への変化の際に調整をすることができます。これをしないと浮いたような不自然な状態になることがあり、他人からもそのように見られているような気がしてしまいます。治療が終わるまでの短期間での装着にはなりますが、見た目を気にする部分ではありますのである程度調整ができる鯛生の方が安心です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*