医療かつらを選ぶポイント

医療かつらは、病気や怪我などが理由で使用するかつらのことです。一般のファッション目的のかつらとの間に明確に定められた違いはないそうです。しかし病気の治療中に使うものなので、普通のかつらを選ぶときより慎重に選ぶ必要があると言えるでしょう。まず、医療かつらはサイズ調整ができることが大切です。

特に抗がん剤治療を行うときなどがそうですが、治療を始めて髪がなくなってから、治療が終了し自分の髪が回復するまで、とかつらを使う期間の間に髪の状態が変化します。すると頭まわりのサイズが変わります。サイズが合わないかつらは頭痛などの原因になったりすることも多いようなので、髪の状態に合わせてサイズ調整できるものを選びたいところです。次に気を付けるのは、付け心地です。

医療かつらはファッション目的のものと違い、一日中、毎日着けるものです。付け心地が悪いものはどうしても負担を感じます。重さやしめつけがどうか、必ず確かめておきましょう。また、かつらはメーカーによって、内側のネットの構造が異なります。

特に浅い構造のものは、脱げそうになったり、襟足部分が浮いて不自然に見えてしまうことがあるようです。選ぶときは必ず試着し、どう見えるか確認しましょう。最後に、肌に優しい素材が使われているかどうかも気を付けたいポイントです。治療中は皮膚が敏感になっているため、かつらが直接肌に触れる顔まわりは毛が刺激を与え、かぶれてしまう場合があります。

また、ベース素材が頭皮に刺激を与えるということもあるようです。作りや素材がどうなっているか、確認しておきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*