自毛植毛で髪の健康維持!

薄毛の対策として、従来は人工の髪の毛を移植する植毛が主に行われていました。しかし、この手術は元からある毛根を傷つけてしまう危険性もあり、頭皮の健康にとっては好ましくありません。そんな中、薄毛対策として行われているものとして、自毛植毛があります。自毛植毛では、薄毛になりにくい後頭部や側頭部の毛を移植します。

毛を一本一本移植するというよりは、毛根を一つずつ移植するイメージが適切です。毛根を含めた毛包単位で移植していくので、髪の毛を2,3本ずつ移植していきます。自毛植毛で植毛された毛は自然と伸びていきます。なぜなら、自分の毛が毛根ごと移植されているからです。

男性ホルモンの影響を受けない性質を持つ毛根が移植されていますので、自分の髪の毛として生え続けます。移植した毛髪の生着率は95%と非常に高いです。手術の技術も向上しており、メスを使わない方法も存在します。この方法の場合、頭皮の健康を害さないため術後の回復が早く、傷跡もほとんど残りません。

術後数週間は軽い違和感が残りますが、時間が経過するにつれてその違和感もなくなります。また、人工物を利用していないので、副作用などがほとんどなく健康的であることも特徴です。入院や過度な通院などは必要なく、通常、手術したその日に帰ることができます。手術の翌日は消毒のために来院する必要がありますが、それ以降は洗髪も行うことができ、日常生活を送ることができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*