頭皮の健康を考えた自毛植毛

髪の毛の悩みは若年層の男性にも、あるいは女性にも広がっています。その治療法としては、薬用シャンプーや専門クリニックでの外科的なアプローチも含めた治療がありますが、その中でも、自毛植毛が進化しています。一般的には、頭頂部の毛よりも側頭部や後頭部の毛の方が、毛根が強いと言われており、その毛根の強い毛を薄毛の患部に移植することで、患部の毛を再生させるという治療法です。自毛植毛は、1本ずつ植毛するのではなく、毛包単位で移植する場合がほとんどです。

基本的には、1つの毛穴から2~3本の髪の毛が生えてきています。毛包単位で移植することによって、強い毛根の形を壊さないよう効果的な移植をすることができます。また、自毛植毛は、自分の毛根を移植する治療法なので、頭皮の健康にも非常に効果的です。移植するのは、飽く迄も自分の髪の毛なので、頭皮に余計なダメージを与えることはありません。

毛根を採取するときにもメスを使用しないで良い場合が多く、頭皮への外科的な侵襲が少ないので、この点も頭皮の健康の保護につながっています。自毛植毛は、側頭部や後頭部の毛を利用していることもあり、毛根の定着率はかなり高い成績があります。高い場合では、定着率が95%を超えることもあります。定着してしまえば、あとはその定着した毛根が、自力で発毛してくれますから、特に外科的なケアをすることはありません。

さらに、自力での発毛になるので、急激で不自然な増毛ではなくナチュラルな仕上がりを感じることができます。簡単に健康的に薄毛の治療を行うことができ、さらに自然な髪形を取り戻すことができる自毛植毛は、さらに進化を続けています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*