植毛と言う技術について

薄毛に悩んでいる人は少なくありません。しかし薄毛の問題は必ずしも解決するというものではなく、場合によってはそのまま毛根の死滅と言う問題に発展する可能性もある問題であるため、最終的には毛根が失われてしまい、自力で葉再び発毛する可能性がないという状況になることもあります。近年話題になっているプロペシアなどの男性型脱毛症の治療薬は抜け毛の予防を目的としたものであり、抜け毛が減ることによって結果的に髪の毛が増えて行くように感じられるのです。また、発毛効果があるとされているミノキシジルも毛根に栄養を供給することにより発毛を促進するという仕組みになっています。

そのため、生きた毛根が存在していることが前提条件であり、毛根が死滅した場合には如何なる対処も効果を発揮しないことが分かっているのです。しかし、そんな場合でも植毛だけは違います。最近ではまだ残っている自分自身の毛を、体の他の場所から持ってきて植えこむという方法で髪の毛を復活させようという自毛植毛の技術が進歩してきています。この植毛は医療行為であり、専門の技術を持っている医師の手で一本一本植えこむという気の長くなる作業が必要になります。

しかしその分毛根が死んでいたとしても新しい生きた毛根が移植されますので、条件さえ整っていれば再び生えてくるという可能性を秘めています。植えこんだ髪の毛はやがて毛根を残して抜け落ちますが、毛根さえ根付けば再び発毛につながる可能性が大であると言えます。植毛はこの様な医療技術です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*