薄毛解消の手段としての植毛手術

男性型脱毛症、いわゆるAGAに悩む人が、その症状を解決するための手段としてはいくつかのものが知られており、一般にはミノキシジルなどの薄毛に効果があるという成分を含んだ医薬品を外用で塗布するということが行われています。しかし、AGA以外の原因で薄毛となった場合や、医薬品に対して体が拒否反応を起こしたり、炎症などの副作用がひどいといった場合については、残念ながらこうした方法が活用できません。この場合、薄毛の部分に植毛をするという方法が採用されることがあります。よく知られているものとして、薄毛に対する人工毛の植毛手術があります。

これは手術によってかなりの範囲をカバーできることから有効ですが、欠点としては、人工のものであるために経年劣化の心配があり、定期的に植毛をしなおす必要があるということが挙げられます。また、最近では人工毛に代わって、薄毛になっている部分とは別の部分に生えている自前の髪の毛を植毛するという、自毛植毛とよばれる手術方法も普及してきています。これはクリニックによって具体的な手法が異なるために一概にはいえませんが、例えば、後頭部などの比較的余裕のある部分から皮膚ごと髪の毛を採取して、薄毛になっている部分に移植する手法や、同じような部分から1本ずつ抜き取って、薄毛になっている部分に植え替えるという手法などがあります。自毛であることから、体が拒否反応をおこす心配がないという点でメリットがあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*