コンジローマの実態と新宿のクリニック

コンジローマと呼ばれる性感染症があります。これは性行為によってヒトパピローマウイルス(HPV)6型や11型が感染することによって引き起こされる病気で、20代前半に多く見られます。発症すると尖ったイボができるので、目で見て分かります。鶏のとさかに似た形状をしているのが特徴で、悪い病気に感染したことが誰の目にも一目瞭然です。

ただ痛みや痒みはないので、膣の中など外から見えないところに発症すると気が付かないこともあります。それでも外陰部に違和感があったり、おりものが増えたりといった症状が現れることもあります。男性の場合はペニスの皮膚や亀頭部分に発症しやすいので女性よりは早く気が付くことが多いです。コンジローマに感染しても、免疫により自然に治癒してしまうこともあるのですが、逆に悪化して癌化してしまうこともあるので軽く考えることができる病気ではありません。

コンジローマに感染した場合には、すぐに治療を開始することが大切です、新宿の性病を専門とする病院で治療可能です。新宿内には多数の専門クリニックがありますが、性病専門のクリニックが見つけられないときには、婦人科や皮膚科、泌尿器科でも対応可能です。新宿には多数のクリニックがありますが、治療症例数が多いクリニックのほうが経験豊富なので安心です。またコンジローマは再発しやすいという特徴があるため、今後何度か通院しなければならない可能性があることを考えると、少しでも通いやすいところを選ぶのも良いでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*