コンジローマは早期に新宿の病院へ

コンジローマは性感染症のひとつで、「尖圭コンジローマ」が正しい呼び名です。症状の大きな特徴として、性器や肛門付近にイボができることが挙げられます。イボは鶏のトサカのような形をしているものも多いです。放置しておくと増える可能性も高く、さらに癌化するケースもあるので早期治療が必要です。

コンジローマの原因は不特定多数との性行為で、アナルセックスも危険と言えます。コンドームを付けての性行為により防ぐことができます。いずれにせよ、イボが見つかった場合は関係を持ったパートナーと共に新宿の医療機関を受診しましょう。新宿の婦人科や肛門科でも、コンジローマの治療を受けているところは多数あります。

治療法としては、外科的手術によってイボを切除するやり方と薬物療法が主流です。外科的療法では、電気で焼く治療法や凍結療法のほかにレーザーで散らすといった方法が見られます。イボの数や大きさによって、医師の判断で最適な治療法を選ぶ形です。コンジローマのウイルスは潜伏期間が長いです。

また痒みや発熱など、イボ以外の症状が現れることは少ないでしょう。そのために気付かないうちに感染しており、感染が広がることも多いです。おかしいなと思ったなら、勇気を出して早めに診察を受けたいものです。新宿の病院は的確な治療をしてくれます。

不妊や癌にもつながる可能性がある怖い性感染症であることを知っておきましょう。時に再発することもあるので、一度感染した人はその後も気を付けなければなりません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*