新宿でコンジローマの治療ができる医療機関

性感染症の1つにコンジローマがあります。ヒトパピローマウイルスによる性感染症です。新宿区内には性風俗店も多いので、感染する人も少なくありません。性交後、平均3か月弱での発症が多いのですが、3週間後~8か月ごと発症するまでの期間には個人差があります。

最初は、外陰部や肛門周辺や膣などにかゆみを感じます。その後、先端がとがったイボのようなものができて来るので、さすがにここまでになると、異変に気付いて医療機関を受診するでしょう。近年はオーラルセックスを行う人も増えているので、口の中にできるケースもあります。放置すると、イボが集まって鶏のトサカのようになったり、カリフラワーのようになってしまいます。

コンジローマの治療は、冷凍療法や電気で焼いてしまう電気焼灼療法、イミキモド5%クリームを塗布する外用療法などや、レーザー治療やインターフェロンの局所注射などがあります。新宿区内には、コンジローマの治療が可能な医療機関がたくさんあるので、早期に治療を受けましょう。女性の場合は婦人科、男性は泌尿器科や皮膚科を受診するのが良いでしょう。男女どちらか一方だけではなく、セックスパートナーも治療を受けることが重要です。

新宿区内でコンジローマの治療が可能な医療機関の中には、夜遅くまで診療しているところや土曜日の夜や日曜日も診療を行っているところもあります。仕事の帰りなどにも立ち寄りやすいので、早めに受診して早めに治すことが大切です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*