新宿でコンジローマを治療できます

尖圭コンジローマはHPV(ヒトパピローマウイルス)の6型・11型が原因になるウイルス性性感染症です。稀に皮膚型HPVが原因となるケースもあり、性的接触で皮膚や粘膜などの小さな傷から侵入し細胞に感染しています。乳頭状腫瘍が症状として現れますが、感染しても必ず症状を発症するということではありません。発症しても視診で症状が確認できるまで3週間~8ヶ月必要になるので、感染機会を特定するのは困難です。

新宿にはいろいろな感染症に対応しているクリニックがあり、視診を受けることができます。綿棒による陰部擦過や膣ぬぐい検査などを行っており、視診による診断でコンジローマと認められた場合治療を進めていきます。低リスク型HPV検査を新宿で受けることができ、綿棒を用いての陰部や膣を擦る検査です。結果の判明まで1週間ぐらいかかり、検査の結果低リスク型HPV感染が認められても、感染したすべての人がコンジローマを発症するというわけではありません。

男性の場合陰性であっても、擦った場所以外においてHPVが存在する可能性もあるでしょう。対症療法としてはイボやコンジローマなどができているなら、治療することができますがそのようなものがないなら経過観察するケースもあります。新宿にはいろいろな性病や感染病に対応することができるクリニックが多く、気軽に相談することが可能です。事前にカウンセリングを受けることができ、詳しく症状を把握することができます。

新宿でコンジローマのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*