新宿でコンジローマの治療

HPVというウィルスを持つコンジローマは高い確率でパートナーに感染させてしまう確率の高い性病です。コンジローマはウイルスに感染すると3週間から8か月でイボ状の物が患部に広がるため、自分で感染したことに気が付くことが多くあります。コンジローマに感染したら、新宿にある専門病院で治療を受けた方がよいでしょう。新宿にある病院ではコンジローマの治療は、塗り薬を使用するもの、焼灼や切除による治療が必要になりますので、感染したらすぐに専門の病院で治療を行った方がよいです。

塗り薬による治療方法は、べセルナクリームというクリームを使用して患部に塗ります。観戦した細胞にダメージを与えることができますので、ウィルスの増殖を抑制し消滅させていくことが出来ます。効果はゆっくりと効いていきますが、膣や腸の粘膜部分に塗ることは出来ませんので、医師の指示に従って薬を使用することが大切です。早く治したいという方はコンジローマを切ったり、熱で焼く方法が適しています。

新宿にある外来で短時間に行うことが可能ですので、少しでも早く治したいという方は外科的切除方法を選択された方がよいかもしれません。特に妊娠中の女性は胎児への影響が考えられますので、外科的切除法が適しています。切除後も再発する可能性がありますので、イボが消えたとしても経過観察が必要です。再発や異変などがあった場合は、新宿にある病院に相談されるのがよいでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*