投資には、様々な方法があるのでStep1として、投資の説明をしようとする女性

投資の方法には色々とあります。しかし、投資を始めるにもリスクがあることを忘れないでください。投資には株式投資、信託投資、外資投資などがありますが、どれも投資前に必ず情報を取り入れてから始めてください。

投資で人生が変わる事もある

投資の中で株式投資は説明できないような株価の動きをすることがあります。業績が悪く、回復の見込みがないのに株価が何十倍も急上昇することがあります。
巨額の資金をもった仕手筋が大口で株を購入して、株価を何十倍にも上昇させ、他の投資家がちょうちん買いを始めた時に、売り抜き、急下落すれば、空売りして利益を得る手段で、このような株のことを仕手株といいます。
時価総額が低く、株価が数百円程度の小型株であれば仕手筋の資金で相場を大きく動かすことができるので、小型株は仕手株になりやすいといえます。
東証一部や二部のように大企業にならないと上場できない時代には、上場してから業績が悪化して、赤字が続くような企業になっても、上場規則を破ったり、債務超過にならなければ上場廃止にならないので、上場は維持されます。本来は投資の対象にならないような企業が上場企業として残っていて、仕手株になることがあります。
現在はジャスダックやマザーズなどの新興、ベンチャー企業が上場することができるようになり、時価総額が低く、株価が数百円程度の小型株で上場するケースが増えているので、業績が悪く赤字続きの企業でなくても仕手株になることがあります。
ただ、違った見方をすると、新興、ベンチャー企業の多くは将来性があります。株価が安ければ、少額投資で済むので、企業を応援するつもりで株を購入したら、仕手株になって何十倍も上がることがあります。
もし、15万円で株を購入して、10倍に上昇したら150万円、50倍に上昇したら、750万円になります。仕手株はよくあることで、時には100倍近くになることがあるので、投資で人生が変わる事は決して夢物語ではありません。